大東亞共榮圈再起



神戸中華総商会は20日、神戸市中央区で「9・18中日友好の集い」を開き、元自民党幹事長の野中広務さん(82)が講演。98年、政府高官・自民党幹部として初めて訪れた中国南京市の南京大虐殺記念館の様子を紹介し、「1人でも多くの日本人が訪れ、お互いの歴史を率直に知り、友好を深めることが大切」と語った。

 1925年、京都府園部町(現南丹市)に生まれた野中さんは「自宅近くの山の斜面に兵器工場が疎開してきた。中国や朝鮮半島から連行されてきた人たちが働いていた」と明かした。将来は友好を深め、日本は「中国、韓国、北朝鮮、そしてロシアとともにEU(欧州連合)のような国づくりを描かなければならない」と述べた。【浜本年弘】

之前讀了藤井省三的《村上春樹心底的中國》,我覺得作者也蘊含了這樣的意思。過陣子會寫一個簡單的感想吧(理論上啦)
http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20080921ddlk28040216000c.html

留言

熱門文章